学校法人 文化学園 国際交流センター

言語を選択してください

文化学園 国際交流センター 海外留学

メニュー

海外留学


 FIT、ノッティンガム・トレント大学、アーツ・ユニバーシティ・ボーンマス各々への留学プログラムは、文化学園大学及び短期大学部の留学規程とは別に、規程集に記載されている留学プログラム実施要項にしたがって実施されております。

※それぞれのプログラムは、事前の予告なしに変更することがあります。

概要

文化学園クイントビル外観

 1953年にデザイナーのクリスチャン・ディオール氏を招へいしてファッションショーを開催して以来、文化学園には世界各国から多くのファッション関係者や要人が訪れ、海外の学校とも活発な交流を行ってきました。同時にキャンパスには世界中から優秀な留学生が集まるようになりました。 2002年には学園全体の国際交流の窓口として「国際交流センター」が開設され、提携校との交流活動促進のほか、在園生の海外への留学相談、外国人留学生への情報提供など、多様な交流活動を展開しています。
 近年の国際化社会に対応できる人材を育成し、文化学園のファッション教育の世界的評価を高めるために、グローバルな教育ができる環境をどのように整えていくかが今後の大きな課題です。


海外提携校

 近年、文化学園の海外提携校は年々数を増し、現在、学園全体で12ヶ国33校、大学は3ヶ国5校、学院は4ヶ国9校、外語は1ヶ国1校とそれぞれ学術交流協定を結んでいます。今後はこれら提携校との間の、短期・長期の留学、教職員の交流、セミナー、共同研究など、さまざまな国際交流プログラムの開発と展開が期待されています。


海外からの留学生

 戦後、アジアを中心とする海外からの留学生の数は増え続け、昨年、文化学園4校に在籍する留学生の総数は1,300名を越え、今年4月には1,308名にもなりました。その約9割は韓国や中国など近隣アジア諸国からの留学生ですが、ここ数年、ヨーロッパやアメリカ、アフリカからの学生も増え、実に30余りの国々から来園した留学生たちがそれぞれの夢に向かって勉学に励んでいます。